浜松北高関西同窓会総会参加報告

 5月28日、日曜日、第65回平成29年度浜松北高等学校関西同窓会総会にしらはぎ会会長の代理として吉本素子・寺田明子の2名が参加しました。
 会場は兵庫県尼崎市のホテルポップインアミング。ほとんど土地勘の無い関西、迷ったらどうしようと心配するも新大阪からJRの新快速に乗り換えればたったの2駅。ホテルも駅前でアーケード型歩道橋を渡るだけ仮に雨でも何の問題も無く遠方から参加の会員(今回は和歌山から参加の方が最遠だったでしょうか)の皆さんにも優しい会場でした。

 総会での来賓挨拶においてしらはぎ会の今期の活動報告(小行事:講談と歌で紡ぐ直虎の世界とっておきの半田旅行)をし、男性会員にもしらはぎだよりを披露いたしました。

 特別講演は高23回の木俣肇医学博士によるアトピー性皮膚炎の治癒~笑いとキスによる補助療法~という大変興味深いものでした。アトピー性皮膚炎の治療にはステロイドなどを使うことが多いようですが木俣先生はそれらを使わず独自の治療法を考案されました。今まで使用していた物を中止するとリバウンドが起こるとかそれを家族全員で正しく理解し必ず治ると先生を信じ笑顔を絶やさず生活していくという事が重要なんだとか。その中でカップルの片方が患者の時お相手と30分間キスをしてもらうという実験をしたところ治癒が早まったとか!?先生の治療法を詳しくお知りになりたい方は木俣肇クリニックでお調べください。なお先生は2015年にイグノーベル賞を受賞されました。

 総会の後場所を隣の部屋に移し懇親会。ビュッフェ形式で美味しいお料理とスウィーツを堪能いたしました。各テーブル和気藹々と近況報告をしたり今年度の活動案を出し合ったりされていたようです。又今年度本部総会の幹事3名も浜松から出席されており案内と勧誘がありました。ちなみにこの関西同窓会に私たち執行部以外にも浜松のしらはぎ会員2名が出席されていました。
 書や絵などの素晴らしい作品が多数飾られており尺八の演奏披露もありました。会員の小5の息子さんも参加されており彼の折った折り紙の作品の数々も大変素晴らしい物でした。
 新参加者の自己紹介の後旧新校歌を歌い閉会となりました。

 本部総会には幹事をした年から毎年出席しておりますが他地域の同窓会には初めての出席。浜松を離れて各地で活躍されている先輩後輩との交流ほんのひと時ではありましたが楽しく貴重なものでした。それぞれ忙しく活躍されている会員の皆様と拝察いたしますがお時間がありますれば他地域の同窓会出席されてみてはいかがでしょうか?いつもの場所には無い何かを見つけられるのではないかと…。

文責:寺田明子